木住研協の活動

平成28年度事業報告

会務

第10回理事会
平成28年 6月 9日(木)14:00~15:20 / 川崎日航ホテル
平成28年度 総会
平成28年 6月 9日(木)15:30~16:00 / 川崎日航ホテル
第11回理事会
平成28年 10月26日(水)14:00~16:00 / 川崎日航ホテル
第12回理事会
平成29年 2月21日(火)14:00~15:30 / 川崎日航ホテル

事務局

  • セミナー等開催  54回  来場者数 1,695名
     別途、共催事業(木住博5会場)来場者数 148,817名
  • 四国研修(高知県梼原町)11/25.26
  • 熊本地震被災状況視察 6/15~17

委員会

委員会活動をご覧ください


平成28年度から開始された新規事業

木と住まいの大博覧会における大学研究室の研究成果展示

2016.06 ポートメッセ名古屋

・名古屋大学
・岐阜大学
・静岡大学
・信州大学

名古屋大学 静岡大学 岐阜大学
名古屋大学の研究を説明する
修士課程の学生さん
静岡大学の小島准教授と学生さん 岐阜大学の肥満抑制成分研究は
女性に関心が高い

2016.07 夢メッセみやぎ

・秋田県立大学
・岩手大学

秋田県立大学
説明ごくろうさまでした 関係者の関心が高く
いつも混んでいます
秋田県立大学修士課程の学生さん
スギの燃え止まりを説明

2016.07 京都パルスプラザ

・京都大学
・京都府立大学
・奈良県森林技術センター

奈良県森林技術センター
京都大学

林野庁の若手研修にも利用していただきました


パネルのほか、展示物も充実してきました コレ私の研究テーマです

京都大学
京都大学仲村准教授の解説
京都大学
京都大学の金山教授も説明されます
京都府立大学
京都府立大学修士課程の学生さん

2016.09 マリンメッセ福岡

・九州大学
・大分大学
・鹿児島大学
・宮崎大学
・宮崎県木材利用技術センター

研究成果展示
九州大学 鹿児島大学 大分大学
九州大学藤本教授の解説
九州大学
木材系で女性の活躍が目立ちます
九州大学

宮崎県木材利用技術センター
樹種による腐朽の違い

九州大学清水准教授(右)

宮崎県木材利用技術センター

2017.02 東京ビッグサイト

・東京大学
・東京農工大学
・宇都宮大学
・筑波大学
・東京都市大学
・慶応義塾大学

研究成果展示
積極的に説明する女子学生
 
ムクの木テーブルに集う 当社団のブース付近

平成29年度事業計画

・長期優良住宅の普及支援(会則第4条4項)

  • 地域型住宅グリーン化事業(国土交通省)の団体運営支援

・国内で生産される木材の調査・研究・実験・販売・発表(会則第4条1項)

  • 流域委員会による、流域圏の木材を中心とした循環経済の支援・研究等
  • 「木曽川流域木と水の循環システム協議会」の運営支援
  • 「びわ湖・淀川流域協議会」の運営支援:新規
  • 講演会等の実施
  • 木と住まいの大博覧会における大学研究室等の研究成果等展示

・建築物の省エネルギー化推進に向けた情報の収集・提供及び研修(会則第4条6項)

  • スマートウェルネス委員会による、地方自治体等との連携事業
  • スマートウェルネス住宅等推進事業(国土交通省)の事務局運営、運営支援
  • 中小工務店への省エネ適合率向上に向けた講習等事業(国土交通省)の運営支援
  • サステナブル建築物等先導事業(国土交通省)の事務局運営

・住宅の長期維持管理に関する調査、研究(会則第4条7項)に付帯または関連する事業

  • 特定団体自主検査員講習会の実施及び、瑕疵担保責任保険申込の取次
  • 瑕疵保険取次と住宅履歴情報の連携に関する検討:新規

・展示会等の主催、後援、企画(会則第4条9項)

  • 木と住まいの大博覧会の共催、及び各地の健康省エネ住宅推進協議会、一般財団法人強靭な理想の住宅を創る会等が行う展示会等の後援

・関連または付帯する一切の事業(会則第4条10項)

  • ホームページの運営

平成28年度 定時総会
平成28年度 定時総会
大学研究室等と連携し研究概要の展示と解説

ページの先頭へ