瑕疵担保保険委員会

TOP瑕疵担保保険委員会

Image photo

当社団では、良質な住宅の普及促進を目的として、住宅保証機構㈱より特定団体の認定を受けました。
当委員会に所属する団体(連携団体)の事業者会員に対して一定の要件のもと、特定団体のメリットを提供するものです

一定の要件とは

① 連携団体の会員として所属していること
② 住宅保証機構㈱の届出事業者であること
③ 当社団で定める設計施工基準に適合していること(劣化対策等級2相当)
④ 木造戸建住宅(在来・2×4)であること
上記、①~④の条件を充足すること

メリットとは

① 新築住宅の瑕疵担保保険料が割引されます
② 団体検査員講習を受講すると、基礎配筋検査を自主検査することも可能です。

【団体自主検査員講習 WEB講習のご案内】

コロナの影響により従来の集合講習が実施出来なくなりましたので、住宅保証機構株式会社の支援を頂き、WEBによる講習(新規・更新共通)を開始しています。
対象となる方は、建築士(1級、2級、木造)又は施工管理技士(1級、2級)の資格保有者です。

【受講手順】

① 受講申込 受講を希望される方は、事務局宛に「受講希望」の件名でメールを送付してください。
 (toru.koike@nice.co.jp)

  •  ・ご本人の名刺(両面)をPDF形式で添付してください。
  •  ・名刺に資格(建築士・施工管理技士)表示が無い場合は、本文に資格内容を記載してください。
  •  ・所属する連携団体名を本文に記載してください。
  •  ・同一事業者で複数名の申込を行う場合も、各自で個別にメールしてください。

② 資料送付  受信した名刺の所在地に、講習で使用する資料と請求書を宅急便でお送りします。

③ 動画視聴  送付資料にあるURLにより、講習用動画を視聴してください。(約1時間)

④ 考査の実施  受講後、送付資料にある「講習内容確認シート」に解答してください。(全10問 〇×方式)

⑤ 考査の提出  解答終了後、「講習内容確認シート」を事務局宛にメールしてください。採点は事務局で行います。

採点の結果、基準点(正解率80%)に達しない場合、再考査となり改めてご案内します。

⑥ 受講後に事務局に送付するもの

  • ・ 講習内容確認シート
  • ・ 顔写真(jpg形式、スマホの自撮り可)
  • ・ 講習費用の入金確認後、検査員証をお送りします(5,500円 税込)

⑦ 現場検査業務の開始

毎月20日までに検査員証を送付したものにつき、翌月1日を登録日として団体検査員登録を行います。
※ 団体検査員講習(新規・更新共通)の受講方法ダウンロードは、こちらをクリック

ダウンロード